一般クラス

対象:

18歳以上から社会人、シニアまでを対象としています。

一般クラスA 初心者の方から黒帯まで幅広いクラスです
一般クラスB 試合に出場する選手や個人の課題に取り組んでいます

指導方針:

稽古内容は、ストレッチと体幹トレーニングを中心とした基礎体操、空手の根幹となる基本稽古、移動稽古、型稽古を行います。そして、実践的な稽古としてミット稽古、技の稽古を行いスパーリングとなります。体力づくりは勿論のこと、ストレス発散、ダイエットなど目的も様々ですが、空手稽古を通してそれらの目的を達成できるように指導させていただいております。

稽古の流れ:

礼>ストレッチ>基本稽古>移動稽古>型>ミット>スパーリング>ストレッチ>礼

様子:

お母さん達を中心とした午前クラス、学校、仕事が終わってからの一般クラス、そして、仕事で残業を終えてから道場に駆けつける夜間クラスなどの稽古が、様々な時間や顔ぶれで行われています。
週1回の土曜日の稽古のみに参加される方や、週2回以上の稽古参加、基本稽古だけを中高生クラスで受ける方、クラスの空き時間での自主トレーニングなど、皆様それぞれに応じた稽古を積むことが可能です。

また、試合を目標とした方々も多く、稽古の時間によって、試合に向けたキツイ稽古を行うことで試合でも活躍されている方も多いです。

お子様の入門に合わせてお父さんやお母さんも入門し、子供以上にどっぷりと空手にハマっているケースも少なくなく、中高年からでも日々の成長を実感することができます。家族複数名での入門はお得なプランをご用意しています。

入門者の声

一般(社会人)クラスは、夜遅い時間から開始します。しかし先生、先輩方の熱いご指導、励ましがあり稽古終わりには、仕事の疲れが吹き飛ぶような達成感が得られます。また、稽古内容も参加者に合わせて、工夫が凝らされ、飽きることなく継続していけます。

まずは、体験されることをお勧め致します!!

Wさん

男性

2021年4月に46歳で入門しました。これまで格闘技経験は無く、不安を抱えながらの入門でした。が、稽古では師範、先輩など多くの皆様から手取り足取り様々なことを教えていただき、楽しく空手に取り組ませていただいています。その成果として40代半ばを超えた今、若かったときに感じられた日々の成長を改めて得ることができています。

46歳

男性

中村道場の特徴

常設道場

40畳の広さを持つ常設の道場と12畳のトレーニング施設を揃えています。そして、道場生がいつでも来れるホームとして、いつも明るい空気を持った空間です。
常設道場であるからこそできる、各クラス間での自主稽古。クラスが終わった後に入門生同士でスパーリングも行えます。

毎日開催

多くのクラスが毎日実施しています。稽古への参加回数に制限や参加できるクラスの限定もありません。社会人の方が基本稽古だけを中学生クラスで受けるといったことも可能です。